SCHACK® AIR PREHEATER

SOPHISTICATED SOLUTIONS FOR PROLONGED LIFETIMES

シャック空気予熱器は、下水汚泥焼却用、カーボンブラックプラント、およびガス化プラント等のプロセス向けに最適化された排熱回収のソリューションです。


燃料燃焼による加熱プロセスにおいて、効率と生産性を改善する最も効果的な方法の1つは、バーナーに供給される燃焼用空気を予熱することです。

この熱交換器の熱エネルギー源は、高温のままプロセスから排出されるガス流体です。
排気ラインに配置されている熱交換器は、燃焼排ガスの熱エネルギーの大部分を高効率に回収し、その回収した排熱で燃焼空気を予熱します。
 

多くのプロセスから排出されるガスは、熱交換器の閉塞や、閉塞に伴う損傷を与えたり、あるいは腐食・摩耗の原因となります。
シャック空気予熱器はこれらの過酷な条件に対して、高い耐性を持ちます。それぞれのプロセスガスの条件に応じた最適なソリューションを提案いたします。

SCHACK® Air Preheater for Carbon Black Plants

カーボンブラックプロセス用の空気予熱器は、高温のプロセスガスの効果的に回収した排熱を有効利用して、以下の目的でリアクターの燃焼用空気を予熱します。

-燃料消費量の削減
-カーボンブラックの生産量を増加
-クエンチ水消費量を低減

燃焼用空気の予熱温度を上げるとともに、プロセスにおけるのCO2排出量も削減します。

Your Benefits

 
 - 正確な温度制御
 - ファウリングを低下させ、信頼性が高い
 - 高流速が可能
 - 滞留時間の最適化
 - 圧力損失の最適化
 - クエンチ水の節約

詳細は電子カタログをダウンロードしてご参照下さい。

電子カタログをダウンロードする

SCHACK® Air Preheater for Sludge Incineration

下水汚泥焼却の熱回収を検討する場合、最優先事項は自燃を促進し達成することです。

汚泥焼却炉は水分の含んだ汚泥(脱水汚泥)を燃やすため、一般的に燃焼用空気を予熱する熱交換器が必要です。

従って、汚泥焼却炉向けに当社が提供する最も重要な製品は、汚泥焼却炉専用のシャック空気予熱器です。高温の燃焼排ガスはチューブ内側を流れ、チューブの外側を流れる燃焼空気は複数回のクロスカウンターフローより予熱されます。

Your Benefits

 -高温空気予熱により、下水汚泥焼却用の補助燃料の消費を削減します。
 -自己洗浄設計により、さまざまな下水汚泥燃焼時に生じる汚れの付着を低減させます。
 -垂直に構成されたチューブは、灰が蓄積するエリアがほとんどないため、汚れの堆積を最小限に抑えます。
 -高耐腐食性
 -損傷に耐え、リークを最小限に抑える特許取得済みのチューブシート構造。
 -長寿命化設計。メインチューブおよび個々のチューブの伸縮継手により機械的ストレスを軽減します。
 -独自の空気側バイパスにより、変化する炉の負荷に応じて空気の予熱条件をより正確に制御できます。

ダウンロード

SCHACK® Air Preheater for Gasification

空気予熱は、ガス化プロセスの効率を効果的に高める目的で設置されます。
 
空気を予熱するために必要な熱は、プラントのガス冷却セクションから回収され、プロセス全体としての効率改善に効果的に貢献します。
 

 

 

 

メリット

-高粒子負荷ガスの取り扱いが可能
-正確な温度制御
-ファウリングを低下
-高流速
-少ない水消費量
-滞留時間の最適化
-圧力損失の最適化

[Translate to Japanisch:] Go for the Original

SCHACK® Solutions for Carbon Black Plants

[Translate to Japanisch:]

You are interested in SCHACK® solutions for Carbon Black plants and would like to get further information?

Get our e-paper on solutions for Carbon Black Plants.

DOWNLOAD E-PAPER

お問い合わせ

お問い合わせ

詳しくは下記へお問い合わせください。

 

田中雄大
電話 078-242-5791
電子メール: yuta.tanaka@arvos-group.com